ビジネスホンの正しい選び方

ビジネスホンの選び方ビジネスホンの選び方は何を重視するのかによって違ってきます。まず、新品か中古かという点から考えていきます。続いて、機能を選ぶのか、コスト面を重視するのかという点が重要です。新品は当然、機能性が充実しています。しかし、その分、費用は高めです。

一方、中古は機能性が一昔前のものとなっていますが、コスト面をかなり安く抑えることができます。

メーカーの選択も重要です。メーカーによって特徴があるからです。当然、自社の目的や用途に合ったメーカーを選択します。業種によっては外で使う頻度が高いということもあります。

この場合、社員一人一人に一台ずつのビジネスホンが必要であり、外に持ち出せるタイプがお勧めです。携帯電話のように使えるタイプなら、特にビジネスシーンを豊かなものにすることができます。機能性を重視することが大事です。

オフィスで利用することが多いという場合には、オフィスに合ったデザイン性を重視した方がいいかもしれません。最近は電話機の着せ替えタイプもあるので、いろいろとデザインを楽しむことができます。

何よりも仕事で使用するものであるからこそ、用途に合ったものを選ぶことが重要です。レガシータイプをはじめ、IP電話やソフトフォンなどがあります。

ビジネスホンの寿命ってどれくらい?

ビジネスホンの寿命会社で当たり前のように使用しているビジネスホンは、一般社員にとって、特にその寿命を気にしたことのあるという人は居ないはずです。しかし、ビジネスホンも機械なので、ある程度の寿命があります。

ビジネスホンの寿命は割と長めです。入社して数年経っているが、一度も買い替えていないという会社も多いものです。ただし、ビジネスホンの電話機は電池が使われています。この電池の寿命が2年程度となっているのです。

もちろん、動作環境などによって違いがあります。製品そのものの寿命は4年~5年程度ですが、電池パックの寿命は2年程度と念頭に置いておくといいかもしれません。

そのため、買い替えを検討する場合、定期的にメンテナンスを行いながら、4年~5年程度を目安にすることをお勧めします。しかも、ビジネスホンの新商品は4年ごとに発売されることが多いため、この時期を狙って買い替えるというのもいいかもしれません。

当然、新商品の方が機能性も高く、利便性にも優れているものばかりとなっているからです。仕事環境をより良いものにするためには、新製品を使った方が効率的です。

携帯電話同様、電池パックの寿命や製品そのものの寿命は予想よりも長く保てることもあるため、故障してから買い替えるというのも決して悪いことではありません。

最新記事

・2014年8月22日 パナソニックのビジネスホン
・2014年8月19日 岩通のビジネスホン
・2014年8月18日 SAXAのビジネスホン